株式会社フジ・プランニング
みやま市、柳川市の水まわり修理リフォーム

記事一覧

お湯の量が少ない時は

蛇口から出るお湯の量が家全体的に少ない時は、給湯器の
お手入れが必要です。

給湯器に付いている網(ストレーナ、フィルター)が配管内の水垢などのゴミで目詰りして
お湯が出にくくなっている場合がほとんどだからです。

特に水道管が一度凍ってからとけた時は、管の内壁にたまった水垢が氷と一緒に溶け出して、
目詰まりの原因になりやすいです。

設置している給湯器によって方法が違うことがあるので、
まずは取扱説明書で方法を確認してみましょう。

浴室だけ、台所だけなど、一部でお湯の出が悪い時は蛇口か、
配管そのもので問題が起きています。

不安な時は、設置工事店へメンテナンスを依頼しましょう。

凍結の予防をしましょう

寒波で外気温が氷点下になると水道管が凍結します。

水道管が凍ると、露出部分にぬるま湯をかけるなどして、
溶けるまで待つしか方法がありません。

そうなるまえに予防しましょう。

おすすめの方法は寝る前に浴室や台所・洗面所などの蛇口で、お湯の方を
ほんの少しだけ出したままにしておくことです。
給湯器まわりの配管と水道管両方の凍結が防げます。

※石油やガス給湯器は燃焼しないように、スイッチを切っておいて下さい。

最近の給湯器は給湯器内部を自動で循環して凍結を防止する機能が
ありますが、湯水の配管自体が凍っていたらお湯がでてこないので、
この方法をおすすめしています。


自動循環機能がない給湯器ではスイッチを入れたまま、温度を一番低い
メモリに合わせておくと、給湯器内部の凍結を防ぐことができます。


是非お試し下さい。


・凍結したら
凍ってしまった管を溶かすときは熱いお湯ではなく、管にタオルなどを巻いて、ぬるま湯をかけて下さい。
熱いお湯をかけると温度変化が激しいため管が破裂することがあります。
お気をつけ下さい。

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ